公務員 副業

公務員がオークションで物を売っていいのか調べてみた!副業?ばれない?処分?

公務員がオークションで物を売るという行為は、副業になるのでしょうか、ばれないのでしょうか、それともばれれば処分されるのでしょうか。

ヤフオク、メルカリ、ラクマなど個人間で物を売買できるサイトが充実していますが、公務員がそういうサービスを利用することは、どこまで許されるているのか疑問に思う時ってありますよね。

 

今日はそんな疑問にお答えするために、公務員とオークションなどのサービスについてお話していきます。

公務員がオークションで物を売っていいのか調べてみた!副業?ばれない?処分?・関係する法令

公務員がオークションで物を売っていいのか調べてみた!副業?ばれない?処分?のはじめに、公務員の副業禁止に関わる法令を簡単におさらいしましょう。

国家公務員法

(私企業からの隔離)
第一〇三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。
 前項の規定は、人事院規則の定めるところにより、所轄庁の長の申出により人事院の承認を得た場合には、これを適用しない。

 

副業禁止の3原則

(信用失墜行為の禁止)
第九九条 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(秘密を守る義務)
第一〇〇条 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。

(職務に専念する義務)
第一〇一条
 職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、官職を兼ねてはならない。職員は、官職を兼ねる場合においても、それに対して給与を受けてはならない。

地方公務員法

(営利企業等の従事制限)
第三八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

公務員の副業に関わる根拠法令は、こちらの記事で詳しく記載しています。

参考:公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!許可・範囲・例外をマスター!

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員がオークションで物を売っていいのか?

そもそも、公務員がオークションサイトなどで物を売っていいのか。つまり、営利目的なのかということ。

不用品を売ることが違法であれば、リサイクルショップで買取をしてもらったことがある人は全員、違法行為者となってしまう。

 

そうなっていないということは、基本的には問題ないということ。

 

不用品販売とは、あくまで利益度外視で物を処分する行為。

 

そのため、営利を目的としていないため副業とはみなされない。

 

ただし、これらの話はあくまで単発で売却する行為の場合。明らかに同じ商品を何度も継続的に販売すれば、営利を目的とした行為とみなされるので、その違いはしっかりと理解しておくように。

その部分について、人事院が監修する業務違反防止ハンドブックでは、次のように記載。

【照会例 6】
Q. インターネットやフリーマーケットでの商品販売を行ってもいいですか。
A. インターネットやフリーマーケットでの商品販売などは、店舗を設けたり、販売
目的で大量に仕入れたり、定期的・継続的に行えば、商店(営利企業)の経営と同
様と判断され、第 103 条の自営兼業に該当し禁止されます。

引用:業務違反防止ハンドブック

 

つまり、大量に、定期的・継続的に該当しなければ当てはまらない。

 

なお、単発の売却行為であっても、骨董品、コンサートチケットなどのプレミアが発生している物、クレーンゲームの商品など、それを売ることで利益が出ることが明白なものは、違法行為とみなされる可能性が高く注意が必要との弁護士の見解もある。

また、ヴィンテージジーンズなども10,000円で購入し、オークション相場30,000円であることを承知で出品した場合も違法とみなされる可能性がある。

 

しかし、そうはいっても単発でのオークション販売で「違法になることを知らずに出品した」という説明であった場合、どこまで追求するのか、する必要があるのかは疑問が残る。

公務員とオークションと副業の定義の関係

公務員とオークションの関係への理解を深めるために、副業の定義について確認します。

そもそも副業とは、本業とは別の職業で収入を得ること。

 

そして、公務員という枠組みで副業を分類した場合、

 

  • 合 法:ホワイト
  • 曖 昧:グレー
  • 非合法:ブラック

 

この3つに分けることができる。

 

特に、曖昧:グレーの部分については、インターネットの普及で急速に拡大しているインターネットビジネスによって、お金の稼ぎ方も変化しており、昔からの法律のカテゴリーでは扱いに無理が生じている。

例えば、株の売買などは、昔が証券会社に委託するような形であったが現在ではインターネットでの個人売買が主な方法。

 

このように、インターネットを用いることで個人が特定されにくくなり、副業にもグレーゾーンが生まれてしまっているのが現代の副業事情

今回の公務員のオークション利用についても、合法に収まる基準は明確ですが、インターネットを利用するとなると規制自体も難しいのが現状ですね。

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

まとめ

公務員がオークションを利用して不用品を売ることは合法な行為。

販売で生じた金額が20万を超えた場合も、確定申告をすれば問題ない。

 

ただし、あなたがオークションでものを売る場合、どこまでは合法でどこからが違法なのかは、しっかりと把握しておくこと。

卒男
卒男
私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。