公務員 副業

公務員が家業の手伝いを無報酬でするのも副業か調べてみた!

「今度の休みは実家を手伝って!」、「空いてる日はちょっと手を貸して!」

実家で農業などをやっている人にとっては、聞き慣れた言葉でしょう。

 

ちなみに、家業手伝いとして不動産賃貸経営や大規模農業を手伝っている公務員は結構いるのが現実。

その人達は、副業の許可を任命権者に受けているのでしょうか。

 

また、お小遣いをもらう程度の実家の手伝いをすることで処分を受けなければいけないのでしょうか。

 

卒男
卒男
グレーな副業の代表といえば、家族名義の不動産経営、大規模農業ですね。

 

今回は、公務員が家業の手伝いを無報酬で行った場合、副業となるのかを分かりやすくお話していきます。

参考:公務員が副業を年収20万円以下でやるなら、やらない方がマシ!!

公務員が家業の手伝いを無報酬でするのも副業か調べてみた!・副業の定義

公務員が家業の手伝いを無報酬でするのも副業か調べてみた!のはじめに、副業や報酬の定義についてみていきます。

 

まず、今回のテーマの結論からいうと、無報酬での家業の手伝いは副業ではない。

 

その根拠は、地方公務員法第38条で規定しています。

 

地方公務員法

(営利企業等の従事制限)
第三八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

 

つまり、報酬を得るような行為をする場合には、すべて任命権者の許可を受けるということ。

ということは、報酬を受けない行為の場合は、その許可が不要。つまり副業ではないということですね。

 

もっと踏み込んで説明すると、副業や報酬の定義は公務員法のどこにも規定されていません。

さらに、公務員の副業の定義って知ってる?の記事でも詳しくお話していますが、そもそも副業の定義自体が曖昧。

 

人事院規則14-8で規定している副業は次の表のとおりで、

不動産 内 容 戸建て:5棟以上の賃貸
マンション:10室以上の部屋の賃貸
10件以上の土地の賃貸
劇場、映画館、ゴルフ練習場等の不動産賃貸
旅館、ホテル等の建物の賃貸
駐車台数10台以上の建築物である駐車場または機械設備がある駐車場の賃貸
規 模 賃貸収入が年間500万円以上の不動産または駐車場の賃貸
農業 大規模 兼業不可
小規模 兼業可(第2種兼業農家)
太陽光発電 10kW以上 許可必要

 

この大前提として、国家公務員法103条、地方公務員法第38条で営利目的の行為を制限し、副業の三原則と呼ばれる次の条文で公務員のモラルに関する部分を規制しています。

 

  • 信用失墜行為の禁止:国家公務員法第99条、地方公務員法第33条
  • 守秘義務:国家公務員法第100条、地方公務員法第34条
  • 職務専念の義務:国家公務員法第101条、地方公務員法第35条

 

どういうことかというと、これらのすべての条文でやんわりと副業の枠組みを決めているという、当たり前ですがいかにも法律らしい書き方をしているわけです。

人事院監修の業務違反防止ハンドブックのどこにも副業の定義は記載されていませんし、そもそもその白黒をつければ副業を推奨することになるため、わざわざそこまで明確なことは記載がないのですね。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員が家業の手伝いを無報酬でするのも副業か調べてみた!・報酬ありなら副業なのか?

次に、公務員が家業の手伝いを無報酬ですることが副業でないことが分かったことを踏まえて、家業の手伝いも報酬ありなら副業かどうかをお話していきます。

 

この話については、国家公務員法第104条がどうこうではなく、実際問題どうなのかという視点でお話しましょう。

 

結論として、家業の手伝いに対してもらったお金が報酬なら副業であり、お礼ならグレーということ。

何でしょう、あまりにも大人気ない言葉遊びですね。

 

公務員法に報酬の定義がないと先ほどお話したように、そのもらったお金は報酬なのかお礼なのかは、明確に決められていないのが現実で、むしろ決めようがありません。

 

ちなみに公務員法以外の法律での解釈を引用するのであれば、報酬とは労働の対価。

となると、家業手伝いの感謝の気持ちとしてお米をもらった場合であっても、それが労働の対価であれば報酬となってしまい副業というわけ。

 

どうでしょう、あなたは納得できますか?申し訳ないですが、公務員を引退した立場として客観的にその世界観をみる限りでは全く納得できません。

 

ですから、私の見解の結論としては、

ばれないのならそっとしておくのが得策で、触れない神に祟りなし。

 

解釈によっては、日常の些細なことでも副業になってしまいますから、その類のことは誰にも話さないでおくことですね。

 

卒男
卒男
私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回の話はあらゆることにも通じていて、現代では、インターネットの普及によってネットビジネスが盛んになっていますが、ネットビジネスにしても完全在宅ワークが可能なため、そういう観点では完全にグレー。

周りをみれば、身内名義を盾に堂々と不動産経営や大規模農業に携わっている人で溢れている現実へのもどかしさはありませんか・・・。

 

誰にも話さずに身内名義であれば、究極的にばれようがないのは現実でしょう。

 

あなたも、法律の見えない壁に囲まれて苦しいときもあるかもしれませんが、絶対に活路はあるわけで、前を向いて進んでいきましょう!

 

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。