公務員 副業

公務員がネットビジネスで副業をやるとばれないか調べてみた!

神戸市や生駒市の副業解禁の話題が、公務員の世界を賑わせているのではないでしょうか。

それもそのはず、基本的に副業を制限されている公務員の枠組みを破る大きな一歩を踏み出したのだから。

 

そして、政府の副業を推進する方針によって、多くの民間企業では全面的に副業を認め、推進する動きが活発化していることから、民間に足並みを揃える公務員も全面的な副業ができるようになることは、それほど遠い未来ではないかもしれません。

何よりも日本以外の国々の副業への認識は次の2つ。

 

  • 雇用者を勤務時間以外に拘束する権利を憲法が認めていない。
  • 副業はスキルアップに繋がり、企業に還元されるもの。

 

つまり、日本は世界的にみても副業への取り組みが大幅に遅れているのが現状。

 

だからといって、副業ができないことやお金がないことに不平不満を漏らして給料が上がるわけでもなく、自分自身で行動を起こさなければ時間だけが過ぎていくだけ。あなたは、そのような自分に納得できますか?

今回は、公務員が副業に取り組むにあたってネットビジネスはどのような可能性を秘めているのか、あなたの人生を変える最強の武器になるのかを徹底解剖していきます。

公務員がネットビジネスで副業をやると絶対にばれないか調べてみた!・ネットビジネスとは

公務員がネットビジネスで副業をやると絶対にばれないか調べてみた!として、はじめにネットビジネスとはどのようなものなのかお話します。

 

まず、ネットビジネスとはインターネットビジネスのことで、インターネットの普及に伴って新たな仕事の形として発展してきたものが、現代ではより進化を遂げ、より身近になっている仕事。

そして、ネットビジネスを今までの仕事と比べた場合に、圧倒的に違う点は次の4つ。

 

初期投資が僅か

パソコン1台で始められるため、初期投資がほとんどかからないということは、今までの仕事では考えられないことでした。

例えば、ネットビジネスなら、インターネット上に1日もかからずにあなたのショップを無料で出店することができますが、それが実店舗の場合でテナント出店だとしても最低で1,000万円はかかってしまいます。

 

物理的な実態をもたない、ネットビジネスだからこそ可能な圧倒的な優位性ですね。

 

ローリスク・ハイリターン

ネットビジネスなら月収30万円を稼ぐためにかかる初期費用はゼロで可能ですが、不動産投資であれば、同じ月収30万円を稼ぐためには最低でも7,000万円は必要。

さらに、不動産投資であれば、空き室、金利の変化、自然災害、入居者トラブル、維持管理経費など様々なリスクを含んでいますが、ネットビジネスであれば、こういったリスクをほぼゼロの状態で運営することができます。

 

なによりも、不動産投資は当初の月収見込みが減ることはあっても増えることはありませんが、ネットビジネスでは、月収30万円から50万円、100万円と青天井で収益を展開していくことが可能。

あなたは、初期投資0円と7,000万円のどちらを選択しますか?

 

参考:お金持ちになりたい公務員が副業を選ぶなら1つしかない圧倒的な方法!

参考:合法な副業で公務員が稼ぐことができるのは、ごく一部の人だけなたった1つの理由!

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

得意なこと・好きなことを仕事に

ネットビジンスの魅力の1つは、選べる仕事の種類が非常に豊富なことで、さらに自分の得意なことや好きなこと、何でも仕事にできる可能性を秘めていることでしょう。

 

例えば、バスケット好きがバスケットの教材販売で毎月500万円、書道家がネットの書道教室で毎月1,000万円稼いでいるということが現実に可能なのがネットビジネスなのですね。

 

時間の制約を受けない

インターネット上ですべての仕事を完結できるということは、毎朝出勤して夕方帰宅するというすべての時間の制約を受けないということで、さらに完全在宅で取り組めることから、副業がばれないという観点では、申し分ない条件が揃っています。

公務員がネットビジネスで副業をやると絶対にばれないか調べてみた!・副業がばれる原因と対策

次に、公務員がネットビジネスで副業をやると絶対にばれないか調べてみた!として、副業がばれる原因とその対策をお話します。

 

副業がばれる原因は次の2つ。

 

  • 確定申告漏れ
  • 第三者による通報

 

確定申告はともかく、副業がおおやけになる原因のほぼすべては、第三者に見られたことによる通報、内部告発によっておおやけになっています。

 

それがネットビジネスであれば、先ほどもお話したように完全在宅ですべての仕事を行えますから、自分で誰かに話さない限り、誰かに知られる可能性はゼロに近いでしょう。

 

参考:公務員でもばれないバイトがあるか調べてみた!

参考:公務員が副業で給料手渡しのバイトはリスクしかないから絶対にやめるべき!!

参考:公務員の副業解禁の範囲にネットビジネスが入っているのか調べてみた

 

また、公務員の副業に関係する国家公務員法第103条、第104条、地方公務員法第38条をはじめ、詳しい法令は公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!の記事で確認しておきましょう。

まとめ

初期投資が少なく、ローリスク・ハイリターンで青天井に稼ぐことができ、在宅ワークのためばれるリスクが限りなく少ない。

すべて余すことなく伝わったでしょうか。

 

卒男
卒男
1,000万円近い借金をたった3年で完済できたのも、すべてネットビジネスのお陰。その先には、独立と自由な人生が待っていました。それだけの可能性に満ちたネットビジネス、やらないという選択肢はありえないでしょう。

 

ネットビジネスこそ、現代最強のお金稼ぎの方法。

そして、その可能性はあなたにも開かれています。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。