公務員 副業

公務員が副業で創作・サークル活動・漫画家をやっていいか調べてみた!

好きなことでお金を稼ぎたい、趣味を副業にできたら、と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

ただ、趣味でサークル活動に参加することと、趣味でお金を稼ごうとすることは、当然全く別の話であって、その一線はどこにあるのかは常に把握しておかなければいけません。

 

卒男
卒男
せっかく楽しむための活動をするのですから、思う存分できるように必要な知識を身につけましょう。

 

公務員にも色々な人がいる中で、共通の趣味を持った人とプライベートをともにすることもあるわけで、そのような時に営利目的の行為にならないかどうかを今回の記事で詳しくお話していきます。

公務員が副業で創作・サークル活動・漫画家をやっていいか調べてみた!・同人活動とは?

公務員が副業で創作・サークル活動・漫画家をする上で、まず同人活動の概要についてお話をしていきます。

 

同人活動とは

同じ趣味や目的を持つ人が集まって、日常の立場に関係なく平等な個人として自由に活動することをいい、同好会、研究会、クラブ、サークルのようなコミュニティのこと。

スポーツや芸術活動のほかに漫画・アニメなどの活動もすべて同人活動です。

 

公務員の中では、スポーツや芸術のコミュニティは以前から、どの自治体でもあるでしょうから、今回は、漫画・アニメの同人活動についてお話していきます。

まず、漫画・アニメの同人活動では、コミックマーケット、通称:コミケといわれる個人やグループが交流を深めるために、主に同人誌とよばれる雑誌の売買をしたりするイベントがあり、ここで自主制作した作品を販売することが、営利目的になるのかみていきましょう。

 

このコミケには、個人で制作したものを売ったり買ったりしたい人、同じ趣味を持った仲間との交流を深めたい人など、色々な目的を持った人が集まり、最近では、作品の販売だけでなく、コスプレブースや企業出店によって賑わいをみせ、インターネットを通じて世界的にも高い注目を浴びるようになってきています。

東京ビッグサイトを3日間貸し切って開催したイベントでは、50万人以上の参加者があり、その人気の高さを証明するイベントとなったため、メディアでの注目も含め、今後より拡大していくジャンルですね。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

漫画・アニメ系でのイベント参加は可能なのか

まず結論からいうと、公務員でもコミケに参加することは可能。

 

ただし、国家公務員法第103条、地方公務員法第38条の営利目的の行為を行ってはいけない。

そして、副業禁止の3原則とよばれる、

 

  • 信用失墜行為の禁止
  • 守秘義務
  • 職務専念の義務

 

これらをしっかりと守ることができれば、任命権者の許可なしでコミケに参加することができますが、仮に営利目的の行為をしたい考えがあるようなら、国家公務員法第104条の任命権者の許可をについて申請しておくように。

コミケで作品を販売する目的が利益度外視の処分の意味なら任命権者の許可はいりませんが、完全に営利目的であれば必ず事前に許可申請をしましょう。

公務員が副業で創作・サークル活動・漫画家をやっていいか調べてみた!・根拠法令

最後に、公務員が副業で創作・サークル活動・漫画家をする上で、根拠法令を確認しましょう。

主な法令

国家公務員法第103条 私企業からの隔離
国家公務員法第104条 他の事業又は事務の関与制限
地方公務員法第38条 営利企業等の従事制限
条例等 各自治体が既定

営利を目的とする事業への従事などを制限しています。

 

続いて、副業禁止の三原則と呼ばれる条文。

副業禁止の三原則

 

国家公務員法

 

(信用失墜行為の禁止)
第九九条 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(秘密を守る義務)
第一〇〇条 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。

(職務に専念する義務)
第一〇一条 職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、官職を兼ねてはならない。職員は、官職を兼ねる場合においても、それに対して給与を受けてはならない。

 

地方公務員法
(信用失墜行為の禁止)
第三三条 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
(秘密を守る義務)
第三四条 職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。
第三五条 職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。
また、公務員の副業に関係する法律は、公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!許可・範囲・例外をマスター!の記事で詳しく掲載していますので、合わせて確認しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

どんな活動をするとしても、それが営利目的かどうか、また、お金稼ぎをできる可能性があるのかということは常に分かっていなくてはいけませんね。

 

卒男
卒男
公務員の副業解禁によって、同人活動でお金を稼ぐことも可能になってくるかもしれませんね。

 

根拠法令をしっかりと把握して、思う存分、同人活動を楽しみましょう!!

卒男
卒男
また、私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。