公務員 副業

公務員の副業はなぜばれるのか調べて分かった4つの事実!範囲や抜け道は!?

「公務員の副業がばれるのは何でだろう。」

その疑問に明確にお答えしましょう。

 

今回の記事のテーマは、公務員の副業がなぜばれるのか。

 

今、副業に取り組んでいる。

これからの副業を考えている。

 

そんなあなたのために、なぜ公務員の副業がばれるのかを徹底解剖していきます。

公務員の副業はなぜばれるのか?範囲や抜け道は!?・4つの原因

公務員の副業がなぜばれるのか?範囲や抜け道は!?のはじめに、ばれる原因の4つについてお話していきます。

 

  1. 自分で周囲に話す
  2. 通報
  3. 内部告発
  4. 確定申告関係

 

①自分で周囲に話す

これについては、副業に取り組む身として論外。

副業をやるということは、公式、非公式を問わず何らかのリスクがあるのは当たり前であって、自分からリスクの種を撒いてしまうような人は副業をやるべきではないでしょう。

 

「壁に耳あり、障子に目あり」ということわざのとおり、あらゆることに注意を払った方がいいですね。

 

卒男
卒男
お金を稼ぐと気持ちが大きくなり、誰かに話したくなる気持ちは分からなくもありませんが、そこはぐっと我慢した方が賢明ですね。

②通報

職場などへの通報もよくあること。

この通報者については、次の人物が考えられます。

 

  • 副業先の誰か
  • 公務員ということを知る誰か
  • 同じ公務員

 

この誰かに見られて通報されるというのが、よくあるパターン。

公務員でもばれないバイトがあるか調べてみた!の記事で詳しく解説していますが、公務員の副業として第三者と接触するのはかなり危険な行為です。

③内部告発

内部告発は、①自分で周囲に話すと②通報と密接に関係していますね。

誰かに話した、聞かれた、見られたことが内部告発という形でばれるということ。

 

火のないところに煙は立たないでしょうから、少なくとも日頃の人間関係は良好に保ちましょう。

 

④確定申告関係

確定申告については、

 

  • 単純な申告漏れ
  • 住民税の徴収区分

 

の2つが考えられます。

単純な申告漏れ

副業による利益が年間で20万円以上になれば、確定申告をしなければいけませんよね。

これは自分が気をつけていればいいだけの問題。

 

①自分で周囲に話すと同じで、リスク管理ができない人は副業はやめましょう。

 

住民税の徴収区分

確定申告時の住民税の徴収方法には、次の2つがあります。

 

  • 普通徴収
  • 特別徴収

 

このうち、特別徴収の方が普段、勤務先の給料から天引きされている方法で一般的です。

それに対し、普通徴収とは、自分で年4回にわたって納付する方法。

 

普通と特別の2種類があるため、言葉の意味の違いをしっかりと把握しておきましょう。

 

そして、特別徴収で毎月支払っている住民税の金額は、毎年5月から6月頃に、住んでいる市区町村から「住民税課税決定通知書」として勤務先に送付され、給与担当部門はそれをもとに給与天引き処理を行っているんですね。

ですから、副業収入の住民税の納付方法が特別徴収の状態だと、例年とは大きく異なるお金の動きを勤務先の給与担当部門が確認できてしまいます。

 

なので、まず住民税の納付方法を特別徴収から普通徴収へ変更しましょう。

この具体的な方法などは、公務員が副業して確定申告を確実に行うための8つのポイント!の記事で詳しく解説しています。

 

また、この内容を理解しておく上で特に重要なことは、普通徴収へ変更できるのは、給与所得、年金所得以外ということ。

 

つまり、どこかの会社に雇用されて受け取る報酬は必ず特別徴収になるため、バイトなどで稼いだお金のごまかしはできないということですから、公務員法でいう営利企業への従事は絶対にやめましょう。

 

参考程度に確定申告の一連のスケジュールを確認しておきましょう。

内 容 時 期
前 年 確定申告の対象期間 1月から12月末まで
翌 年 確定申告の申告期限 2月16日から3月15日まで
所得税の納付期限
消費税の納付期限 1月から3月

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員の副業はなぜばれるのか?・防ぐ方法

公務員の副業がなぜばれるのか?防ぐ方法を解説します。

 

  1. 勤務時間中は慎む
  2. 誰にも話さない
  3. 身内名義で取り組む
  4. 確定申告は確実に行う
  5. ネットビジネスはグレー

 

勤務時間中は慎む

そもそも職務に専念する義務がありますから、勤務時間中に副業に関係することはやめましょう。

誰にも話さない

シンプルですがある意味、最も重要なことでしょう。

身内名義で取り組む

身内名義で大規模な農業や不動産業をやっている人は多くいますね。

それと同じ考え方で行えば、ばれる可能性は極めて低いでしょう。

確定申告は確実に行う

厳しいようですが、当たり前のことを当たり前にできないのなら、副業はやめましょう。

ネットビジネスはグレー

インターネットを使う以上、顔出しがないため、ばれる可能性は極めて低くなります。

 

卒男
卒男
私が現役の時は、すべて妻の名義でネットビジネスをやっていました。今振り返ってみても、ばれる可能性はゼロに近かったですね。

まとめ

例え副業といえども、仕事であることに変わりはありません。

 

公式な副業、グレーな副業などありますが、何をやるにしても最大限のリスク管理を徹底して、副業を安心して取り組める環境を作りましょう。

 

そうすれば、必ずあなたの人生は成功に導かれていきます。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。