公務員 副業

公務員が副業でフリーマーケットはダメ!をOKにするたった1つのポイント!!

「今度の日曜日のフリーマーケットに出店したいけどいいのかなぁ」

副業を制限されている公務員は、そんな時にも法的なことや周りからの目線が気になるところ。

でも、安心してください。

 

今回は、あなたがフリーマーケットに安心して出店できる方法を分かりやすくお話していきます。

 

卒男
卒男
公園や広場などで行うフリーマーケットって活気があっていいですよね。私もたまに家族で遊びに行きます。

 

公務員が副業でフリーマーケットはNGな理由

公務員が副業でフリーマーケットに出店してはいけない理由を説明します。

まず、国家公務員法と地方公務員法、各自治体の規則や条例で営利を目的とした事業は禁止されていますね。

 

根拠法令の代表は次の条文。

国家公務員法第103条 私企業からの隔離
国家公務員法第104条 他の事業又は事務の関与制限
地方公務員法第38条 営利企業等の従事制限
条例等 各自治体が既定

 

公務員の副業に関係する条文は、公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!の記事で詳しく掲載していますので、合わせて確認しておきましょう。

 

また、公務員の副業の定義って知ってる?の記事で解説していますが、そもそも副業の定義自体が曖昧で、一般的には「収入を得るために行う本業以外の仕事」となっています。

その上で、公務員が副業でなぜフリーマーケットに出店してはいけないのか。

 

それは、次のような解釈によって大きく出店の意味が異なるからですね。

 

○ 公務員が不用品処分のためフリーマーケットに出店するのはOK

× 公務員が副業でフリーマーケットに出店するのはNG

 

なぜって副業自体は法律で制限されているから。

この考え方さえ押さえておけば、フリーマーケットに正しい理解で出店できますね。

 

そして、この副業かどうかの判断をする一定の目安があります。

公務員のフリーマーケット出店が副業か判断する目安

公務員がフリーマーケットに出店することが、副業にあたるかどうかを判断する目安があります。

 

それは、次の4つの要素。

 

  1. 期間
  2. 回数
  3. 利益額
  4. 転売行為

 

まず、期間と回数については、継続性があるか。

毎週、出店していれば明らかに継続性が高いですし、逆に年数回であっても利益額が明らかに本業よりも多ければ営利目的とみなされる可能性が高くなります。

 

次に、利益額については、本業としての公務員収入に対して、どれだけの割合の利益を上げているのか。

明確な範囲はありませんが、フリーマーケットでの利益が公務員としての月収の1、2割程度に収まっているのが賢明でしょう。

 

最後に、転売行為。

言葉としては理解していると思いますが、正確な意味を確認しましょう。

転売行為には、古物商営業許可証が必要となり、たとえ新品であっても一度誰かの手に渡れば、それは古物となります。

ですから、この古物商営業許可証が必要になる行為に該当するのであれば、副業となってしまうため注意が必要です。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員が副業ではなくフリーマーケット出店する方法

それでは、公務員が副業ではない形でフリーマーケットに出店する具体的な方法を解説していきます。

 

まずはじめに、出店する目的が営利目的ではなく、

利益度外視の不用品販売であること。

 

今までリサイクルショップに不用品を買い取ってもらったことで懲戒処分になったニュースを見たことがありますか?

そこまで規制されたら誰も公務員にはならなくなってしまいますし、その行為にそもそも違法性はありません。

 

それに加えて、

周りから誤解を招かないようにすること。

 

これには理由があります。

つまり、公務員の副業がばれる原因で(今回の方法は副業ではありませんが)、代表的なものは、誰かに見られて通報されるということ。

あなたに悪意があるなしは関係なく、フリーマーケットに出店しているあなたをたまたま見かけた職場の誰かが「副業だ!」と勘違いして、職場に通報するかもしれません。

 

そんなことにいちいち気を揉んでいたら、せっかくの楽しいフリーマーケット出店が台無しです。

ですから、できれば身内の誰かに出店してもらいそれにあなたが乗っかる形で出店する方法であれば何かあった時の後ろ盾ができて、あなたの正当性をしっかりと主張できますね。

「身内がフリーマーケットに出店するので手伝っていただけです。」と・・・。

 

最後に、最も確実だけど面倒な方法を説明します。

それは、職場の上司の了承を得ること。

 

そうすれば、何かトラブルがあった時でも、話を通してあったことであなたへのお咎めはないでしょう。

でも、個人的にフリーマーケットに出店するのに、わざわざ上司に相談するのもちょっと気を使い過ぎな気もしますが、それでも心配な方は根回しをしておくといいですね。

 

ポイントをもう一度、確認しておきましょう。

 

  • 利益度外視の不用品販売であること。
  • 周りから誤解を招かないようにすること。
  • (職場の上司の了承を得ること。)

 

この3つをしっかりと押さえてあれば、楽しんでフリーマーケットに出店できますね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

たとえ公務員であっても、勤務以外の時間は存分に楽しみたいもの。

どうせやるなら思う存分に楽しめる方法でやりたいですよね。

 

心置きなくフリーマーケット出店を楽しんできてください!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。