公務員 副業

公務員の副業に抜け道があるのか調べてみた!①ばれたら?

「お金があればもっと自由な生活ができるのになぁ。」

という悩みを持っている公務員の方は少なくないのではないでしょうか。

 

卒男
卒男
私も公務員現役時代は、親の多額の借金を背負っていましたから、その気持ちは誰よりもよく分かりますし、お金があれば気持ちにゆとりができるのが一番大きいですよね。

 

政府の副業を推進する動きによって、一般社会では副業への関心がとても高まっていますし、今の時代はインターネットを活用したネットビジネスが活発に行われていますので、副業の多様性は広がっています。

 

私の考えとしては、公務員が抜け道を突いて副業に取り組むのはオススメしませんし、あなたが取り組むとしても、あらゆるリスクを取り除いて、安心してできる方法がいいでしょう。

さて今回は、副業に興味があるあなたのために、公務員の副業に抜け道はあるのかという視点からお話をしていきます。

公務員の副業に抜け道があるのか調べてみた!①ばれたら?・ばれたらどうなる?

はじめに、公務員の副業に抜け道があるかどうかは別として、ばれたらどうなるのかをお話していきます。

 

まず、公務員が何かいけないことをした時は、懲戒処分という形で処罰されますから、その根拠となる法令をみていきましょう。

根拠法令

根拠法令は次の条文。

国家公務員法

(懲戒の場合)
第八二条 職員が、次の各号のいずれかに該当する場合においては、これに対し懲戒処分として、免職、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。
一 この法律若しくは国家公務員倫理法又はこれらの法律に基づく命令(国家公務員倫理法第五条第三項の規定に基づく訓令及び同条第四項の規定に基づく規則を含む。)に違反した場合
二 職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三 国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合(懲戒の場合)
第八二条 職員が、次の各号のいずれかに該当する場合においては、これに対し懲戒処分として、免職、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。
一 この法律若しくは国家公務員倫理法又はこれらの法律に基づく命令(国家公務員倫理法第五条第三項の規定に基づく訓令及び同条第四項の規定に基づく規則を含む。)に違反した場合
二 職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三 国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

 

 

地方公務員法

(懲戒)

第二九条 職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。

 

 

懲戒処分

この条文に対し、自治体ごとの規則や条例など、懲戒処分の具体的な処分を定めていますが、概ね次のような内容ですね。

 

  • 免職:公務員の職を失わせる処分
  • 停職:職員としての身分を保有させながら、一定の期間その職務に従事させない処分。
  • 減給:一定の期間、俸給の支給額を減ずる処分。
  • 戒告:本人の将来を戒める旨の申し渡しをする処分。
  • 訓告:法律上の処分である戒告よりも軽い処分。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

懲戒処分の事例

では、報道発表されている事例をみてみましょう。

副業の内容 処分内容
偽警察手帳販売 懲戒免職
偽ブランド品販売 懲戒免職
野菜販売 懲戒免職
大規模農業 停職6ヶ月
水田耕作 停職6ヶ月
飲食店送迎 停職6ヶ月
キャバクラ 停職6ヶ月
不動産投資 停職6ヶ月
AV出演 停職6ヶ月
声優 停職4ヶ月
パチンコ店 停職3ヶ月
ピザ宅配 停職3ヶ月
飲食店 停職80日
ビル清掃 減給
不動産投資 減給
ヤミ民泊 減給

 

ひとつの目安として、副業は停職、刑法に触れるような行為は免職といったところでしょう。

以前は、副業は減給と戒告が多かったのですが、最近は報道発表や忖度などによって、厳しく処罰するという風潮があります。

公務員の副業に抜け道があるのか調べてみた!①ばれたら?・ばれる原因

次に、公務員の副業に抜け道があるかの前に、ばれる原因をみていきましょう。

 

公務員の副業がばれる最大の原因は、

 

第三者と接触すること。

 

報道発表された副業をみても分かるように、ほぼすべてが第三者と接触している、つまり、副業をやっている場面を誰かに見られたために、おおやけになっているのですね。

以前、不動産で年間7,000万円を儲けた公務員が懲戒処分になっていますが、その場合も勤務中に副業をやっていたことを見られておおやけになっています。

 

つまり、公式、グレーを問わず、勤務時間中に副業に取り組むという行為は、極めてリスクが高いですし、そもそも本業に集中するべき。

そして、勤務時間以外の実労働系の副業については、公務員でもばれないバイトがあるか調べてみた!の記事で詳しくお話していますが、実社会で第三者と接触したり、誰かに見られるというリスクが高いため、絶対にやめること。

まとめ

公務員の副業に関する根拠法令やばれる原因、ばれた時の懲戒処分の内容については、理解できたでしょうか。

 

抜け道という視点については、昔も今もグレーな副業は存在するというところ。

 

抜け道となるばれない方法があるのか?という点については、公務員の副業に抜け道があるのか調べてみた!②ばれない方法は?で詳しくお話していきます。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。