公務員 副業

公務員の副業で投資信託は資産運用だから許可は不要!でも儲かるの?

「投資信託って何だろう。」、「興味あるけど難しそうだなぁ。」

と思っている方は多いのではないでしょうか。

そして、一番気になるところは、利益ってどれくらい出るの?ということ。

 

卒男
卒男
投資信託は、その道のプロにお金を預けて運用してもらう投資。そこには、メリットもデメリットもありますので、しっかりと自分の目で確かめましょう。

 

今回は、資産運用と呼ばれる株式投資、不動産売買、FX、仮想通貨など、副業にはならないものの中でも、今回は投資信託について、あなたの疑問が解消できるように分かりやすくお話していきます。

公務員の副業で投資信託は資産運用だから許可は不要!でも儲かるの?・投資信託とは?

はじめに、公務員が副業で投資信託をする場合、資産運用のため許可は不要です。では、投資信託とは、どういうものなのかをみていきましょう。

 

投資信託とは、投資家(あなた)から集めたお金を1つの大きな資金として、ファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家が株式や債券などの金融商品で資金を運用すること。

そして、国内株式、新興国株式、海外債券といった色々な商品の運用方針にしたがって、複数の運用先に投資するため、リスク分散ができ、株式投資のように投資先が倒産して価値がゼロになることはあまりありません。

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

どういうことかというと、そもそもリスクを分散するということは利益も分散するということ。

分配金といって、運用した結果、利益が出た場合はその利益を投資家の間で分配するのですが、少ない資金で始められるということは、手にする利益も投資資金に見合った金額になります。

 

また、運用をファンドマネージャーに任せるということは、その人の能力やスキルが収益に大きく影響するということであり、仮に元本割れしたとしても、運用にかかった手数料だけはしっかりと持っていかれます。

ファンドマネージャーにとっては、手数料が自分の給料であり、あなたが損しようと関係ないのが実情ですね。(損させようとは思っていないでしょうが。)

 

卒男
卒男
私としては、他人にお金を預けるだけでお金儲けをしようとするのは、他力本願な気がしてなりません。やはり自分の手で稼ぐからこそ、お金の大切さやお金稼ぎの楽しさが分かるのではないでしょうか。

公務員の副業で投資信託は資産運用だから許可は不要!でも儲かるの?・メリット/デメリット

次に、公務員が副業で投資信託をする場合、資産運用のため許可は必要ありませんが、メリット、デメリットについてみていきましょう。

 

メリット

  • 100円などの少額から始められる。
  • ファンドマネージャーという投資の専門家が運用。
  • 分散投資のためリスクを分散できる。

 

デメリット

  • ローリターンで割に合わない
  • 運用手数料がかかる。
  • 定期預金とは異なり元本割れする可能性がある。

 

次に同じ長期運用を目安としている定期預金と比較してみましょう。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

定期預金との比較

定期預金よりはお金稼ぎの要素が強い。

定期預金との最大の違いは、元本割れ(損)する可能性がある点。

定期預金よりはリスクが高いが、儲けが大きい。

 

公務員の副業で投資信託は資産運用だから許可は不要!でも儲かるの?・口座種別

続いて、公務員が副業で投資信託をする場合、資産運用のため許可は必要ありませんが、口座の種類についてみていきます。

 

投資信託は、株式売買と同じように口座には大きく3つの種類があります。

 

  • 特定口座(源泉徴収あり/源泉徴収なし)
  • 一般口座
  • NISA口座

 

この中でも、特定口座/源泉徴収ありが最も人気があり、その理由は、証券会社が利益分の税金を算出し、源泉徴収まで行ってくれるため、自分で確定申告をする必要がないことから、特に利用する人が多いのですね。

また、利益に掛かる所得税だけでなく住民税も代わりに支払ってくれます(投資口座から徴収)。

 

このメリットは、投資信託の利益が年間20万円以上なら税金を支払う必要がない点ですね。

デメリットは、特別口座/源泉徴収ありにすると、自動的に源泉徴収されるため、例えば利益が20万円にいかなかった時でも税金を支払うことになってしまいます。

そして、この支払った税金は回収出来ないため、支払う必要のない税金まで支払ってしまうということになります

 

ただ、そうはいっても、特定口座源泉徴収ありでは、源泉徴収を金融機関がやってくれるわけですから、利用者負担が少ないため最も選ばれているということでしょう。

公務員の副業で投資信託は資産運用だから許可は不要!でも儲かるの?・根拠法令

最後に、公務員が副業で投資信託を資産運用として許可不要で取り組むときの、根拠法令について確認しておきましょう。

次の記事で詳しくお話していますので、確認してください。

 

 

まとめ

投資信託でのお金の稼ぎ方は、長期運用を前提としていて、ミドルリスク・ローリターン

 

この考え方については、合法な副業で公務員が稼ぐことができるのは、ごく一部の人だけなたった1つの理由!でお話しているように、もとからお金をたくさん持っている人にはいいかもしれませんが、現実はそうでない人の方が多いわけで、やはり人生を大きく変えるには、コレしかないでしょう。

 

卒男
卒男
公務員がお金ない生活で苦しい時は副業をするしかない!!の記事で詳しくお話していますので、興味がある方はみてください。

 

あなたに合ったお金稼ぎの方法を、今一度考えてみましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。