公務員 副業

公務員が副業で給料手渡しのバイトはリスクしかないから絶対にやめるべき!!

公務員が副業で給料手渡しのバイトは絶対にやめるべき。

 

「日雇いバイトならばれない」「給料を手渡しでもらうような仕事ならばれない」

そんな風に考えているなら非常に危険。

 

結論として、日雇い顔出しでバイトするなど絶対にやめるべき行為。

そもそも顔出しで外の世界で働くなど、通報してくださいと言っているようなものですよね。

 

卒男
卒男
給料を支払う側は、不正なことをすると税務署に目をつけられるため、正規な手続きをとります。あなたの考えだけで、日雇いだからと安心するのは危険です。そんな軽率な行動は絶対にやめましょう。

 

ということで、今回は公務員が副業で給料手渡しのバイトなどをした場合の危険性についてお話していきます。

公務員が副業で給料手渡しのバイトがばれる理由

公務員が副業で給料手渡しなら明細などの経過が残らなくて大丈夫だと思っていませんか。

 

雇用する側は、年末から翌年1月にかけて給与支払い報告書を作成します。

これは、1月1日から12月31日までに、会社が従業員に支払った給料の合計額を記載したもので、翌年の1月末までにその従業員の住民票がある市役所などに提出するもの。

給与支払い報告書の作成対象は、正社員でもアルバイトなどでも変わりありません。

 

そして、住民票がある市役所には、公務員としての収入と副業で行ったアルバイト先からの給与支払い報告書の2枚が届くことになりますね。

つまり、本来であれば公務員のみの給与500万円に対する住民税の計算のところが、副業先の給与150万円が合算されれば、昨年よりも大幅に住民税の徴収額が増えるため、給与担当部門で副業していることが分かるのです。

 

参考:公務員が副業を年収20万円以下でやるなら、やらない方がマシ!!

公務員の副業で給料手渡しとマイナンバーの関係

次に、公務員の副業で給料手渡しとマイナンバーの関係について見ていきます。

 

今までは、犯罪などの違法性がない場合などを除いて、確定申告をしていないと副業の把握は難しい状態でした。

しかし、マイナンバー制度の導入により、その気になれば特定の個人に関わるお金の動きを把握できるようになったのです。

 

なぜかというと、住民票がある市役所などに提出する給与支払い報告書に、個人のマイナンバーを記載するようになったから。

 

例え、給料が手渡しのバイトであっても、確定申告をせずに所得税を納税しなければ、給与支払い報告書に記載されているマイナンバーによって副業がばれます。

また、冒頭でもお話したようにマイナンバー制度の導入によって、特に給料を手渡ししていたような会社は、法律上グレーなことをしている場合もあるため、税務署に目をつけられないためにも、源泉徴収税をしっかりと引いた上で給料を支給しているでしょう。

 

※源泉徴収税とは、給与受取者が本来支払うべき所得税を、雇用側があらかじめ給料の中から所得税を差し引いて税務署に支払うものをいう。

公務員の副業で給料手渡しに変わる方法はあるの?

続いて、公務員の副業で給料手渡しに変わる方法があるのかみていきます。

 

その前に、副業がばれる原因をしっかりと理解しておきましょう。

 

  • 確定申告漏れ
  • 第三者による通報
  • 内部告発
  • 自分で人に話す

 

確定申告漏れと自分で人に話すは問題外ですが、人前に出る仕事はこれらを回避できる可能性が極めて低くなります。

 

そんなリスクをほぼゼロに近い状態まで回避できるのが在宅ワーク。

つまり、ネットビジネス(インターネットビジネス)。

 

ネットビジネスであれば、顔出しなど一切せずにインターネットの世界だけでお金を稼ぐことが可能でなにより、パソコン1台とインターネット回線だけあれば、すぐにでも取り組めることも大きな魅力。

同じ副業でも不動産投資などは莫大な初期投資が必要ですが、ネットビジネスならほとんど費用がかかりません。

 

そして、色々な選択肢の中から自分に合った仕事を選べることも大きな魅力。

ただし、ネットビジネスの中でも公務員本人が行うと、許可なしの副業として懲戒処分の対象となるものもあるため、何ができるのかはしっかりと自己責任で判断しましょう。

 

もっと言ってしまえば、公務員の副業の王道である不動産投資や農業は大規模になると自営業になるため禁止されていますが、身内名義の家事手伝いとして堂々とやっている人はゴロゴロいますのでグレーな部分でしょう。

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員の副業で給料手渡しに変わる方法はコレ!

公務員の副業で給料手渡しの方法はやめてネットビジネスを選択しましょう。

その中でも代表的なものを今回、お話します。

今すぐに稼ぎたいなら断然、不用品販売

不用品販売なら、すぐにでも10万円稼ぐことが可能。

 

今すぐ、あなたの家のクローゼットに眠っているいらない物を売ってみましょう。

もしかしたら、誰かにとっては喉から手が出るほど欲しいお宝が眠っているかも。

 

ありがたいことに、今はヤフオク、メルカリ、ラクマなど、気軽に私物を出品できるサイトやアプリが豊富なので、これらを活用しない手はありませんよね。

注意することは、不用品だからといって、間違ってもリサイクルショップに持ち込まないことで、なぜなら、リサイクルショップにとって買取は仕入れであり、あなたから500円で買い取ったものを平気で5,000円で売っています。

 

つまり、あなたはこれと同じことをすればいいだけ。

不用品=0円のものをオークションやフリマサイトで10,000円で売る。

本当にシンプル。

 

そして、この方法が安心してできる最大の理由は、法に触れないということ。つまり合法的な方法。

国家公務員法第103条や地方公務員法第38条で営利を目的とする行為は禁止されていますが、この不用品販売とは、あくまで利益度外視で物を処分する行為で、そもそも営利を目的としていないため副業とはみなされません。

 

ただし、これらの話はあくまで単発で売却する行為の話。

明らかに同じ商品を何度も販売すれば、営利を目的とした行為とみなされるので、その違いはしっかりと理解しておきましょう。

 

その点は、人事院監修の業務違反ハンドブックでも、インターネットでの商品販売は、大量に、定期的・継続的でなければ違法ではないと明記されています。

なお、コンサートチケットなどのプレミアが発生している物は、それを売ることで利益が出ることが明白なため、違法行為とみなされる可能性が高く注意が必要との弁護士の見解もある。

 

そして、ヤフーのアカウント登録や振込口座などを身内名義にすれば、面倒な話自体を回避できますね。

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

不労所得を実現したいならアフィリエイト一択

数あるネットビジネスの中でも、不労所得を実現することができるのはアフィリエイトだけ。

アフィリエイトとは、ブログやサイトで商品を紹介し、それが成約した時点で報酬が発生する仕組みで、パソコン1台で取り組めるため場所や時間を選ばないこと、月収10万円、30万円、50万円といった不労所得を実現できることから非常に人気が高いビジネスモデル。

 

アフィリエイトで収益をあげるためにはブログを使ってアクセスを集めることが最も重要で、それには正しい知識とノウハウが絶対に必要不可欠なわけですが、実際は見よう見真似で日記などの雑記形式のブログを立ち上げて、全くと言っていいほどアクセスを集めることができずに挫折していく人がほとんど・・・。

また、もう少し踏み込んで取り組んでいる人でさえ、1ヶ月に5,000円も稼ぐことができていない人が90%以上にも及んでいるのが現実です。

 

アフィリエイトは、アクセスを集めるブログを作ることさえできてしまえば、あとはアフィリエイトする商品のリンクを貼り付けるだけなので非常にシンプルなビジネスモデルですが、そこに至るまでに正しいステップを踏んでいかなければ、多くの苦労が水の泡にもなりかねないリスクが潜んでいます。

そして、ブログがアクセスを集めるようになるためには、検索エンジンのGoogleにあなたが作ったブログを評価してもらう必要があり、それには最低でも3ヶ月はかかるといわれており、アフィリエイトに取り組んでから最低でも3ヶ月、長くて半年は全くお金を稼ぐことができないことを覚悟して取り組むこと。

 

無料ブログではなくワードプレスでブログを立ち上げ、アフィリエイトする商品を決定し、正しいキーワード選定でSEO対策を万全にした記事を3ヶ月で100記事作成することができれば、あなたが不労所得を実現できる日も近いといえるでしょう。

 

卒男
卒男
私が公務員時代にアフィリエイトで月収30万円以上の不労所得を実現した方法を参考記事で詳しくお話していますので、興味がある方は合わせて読んでみてください。

 

参考:公務員がアフィリエイトを副業にして不労所得を手に入れた方法!

まとめ

いかがだったでしょうか。

日雇いなどの給料手渡し系のバイトはあまりにもリスクが高過ぎる。

たった数万円のために今の仕事を失ってもいいのですか?

 

不用品販売であれば、簡単に10万円は稼ぐことができますから、今すぐ家の中の不用品をヤフオクにでも出品して稼ぎましょう。

さらに、ブログアフィリエイトならパソコン1台で月収30万円以上の不労所得を実現することも可能で、完全在宅で好きな時に取り組むことができるのも大きな魅力ということが分かったのではないでしょうか。

 

いずれにしても、給料手渡しという違法で時代遅れな行為なんて考えることはやめて、時代の最先端の方法でお金を稼ぎましょう。

 

卒男
卒男
私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。