公務員 副業

公務員の副業で演劇・公演はできるのか調べてみた!

政府による働き方改革の推進によって、副業解禁の動きが活性化しています。

今までの副業は、原則禁止であったものが、原則容認という180度の方向転換が及ぼす社会的な影響は考えている以上に大きいでしょう。

 

副業を容認するべきという方針を受けて、日本の大手企業も副業解禁の取組みが進んでいますが、公務員の世界では神戸市と生駒市の2つが副業解禁したにとどまっています。

 

本当に副業はいけないことなのでしょうか?

副業に取り組むと公務員の仕事への生産性は下がるのでしょうか?

 

国家公務員の副業解禁の主旨の1つに、副業に取り組むにあたっては、公務員としての知見を活かしつつ、外で学んだことを公務員としての仕事に還元するというものがあり、まさにこれこそ閉鎖的で事務的な仕事が多い公務員の仕事に新たな風を吹き込むはず。

ということで今回は、公務員の副業の可能性を探るために、公務員の副業として演劇や公演はできるのかということについて、分かりやすくお話していきます。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員の副業で演劇・公演はできるのか調べてみた!・好きなこととお金稼ぎ

公務員の副業で演劇・公演はできるのか調べてみた!として、好きなこととお金稼ぎというテーマでお話をしていきます。

 

まず、結論からいうと、副業として演劇・公演はできない。

なぜなら、副業とはお金を稼ぐことであり、その行為や活動が営利目的である以上、法律上認めることができないから。

 

ただし、副業として取り組む余地があるとすれば、国家公務員法第104条と、地方公務員の場合は条例や規則で制定している任命権者の許可の部分。

 

国家公務員法 第104条
職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

地方公務員法 第38条

(営利企業等の従事制限)
第三八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

公務員の副業の定義って知ってる?の記事でもお話しているように、公務員の副業には定義がないことと、報酬の定義も公務員法にはないんですね。

つまり、基本的なことは、国家公務員法第103条、地方公務員法第38条で営利目的の行為を制限し、人事院規則14-8で自営となる範囲を示しているだけで、その他の部分は、副業禁止の3原則という信用失墜行為の禁止、守秘義務、職務専念義務の3つで最終的に任命権者の裁量で決められるようになっている。

 

ですから、法律に記載がないことはやってもいい、ただし、任命権者の許可は必要だから承認申請をするというのが現状での副業許可の進め方と考え方といったところ。

 

もう1つ理解しておくといいことは、先ほどお話した報酬にも定義がないという部分。

これについては、公務員の副業で手伝いはどこまで可能なのか調べて分かった1つの事実!の記事で詳しくお話していますが、その行為や活動によって受け取るお金が報酬なのか、謝礼なのかということを理解しておけば、ある程度事前に副業かどうかを判断する助けとなります。

 

整理すると、

  • 報酬とは、労働の対価としてお金をもらうことで副業になる。
  • 謝礼とは、行為に対する感謝の気持ちの現れのため副業にはならない。

 

つまり、あなたが演劇や公演に参加する場合、それによって受け取るお金の意味合いが謝礼なら副業ではないし、報酬であれば副業になるということ。

ただし、これもそこまで単純な話ではなくて、演劇や公演への参加が1度であれば謝礼として済むでしょうが、参加が定期的、複数回になったときには、労働の対価として報酬の意味合いが強くなることが想像されますから、定期的、複数回の参加をしたい意向がある場合は、事前に任命権者の許可を得ておく方がベター。

 

もっと言ってしまえば、演劇や公演は顔を出して行うものですから、誰かに見られて通報されるよりは、例えそれが副業でないとしても事前に許可を得ておいた方が無難かもしれませんね。

まとめ

好きなこと、得意なことでお金を稼ぐのは、誰しもが願う理想の仕事のカタチ。

ただし、公務員である以上、しっかりとした後ろ盾を持って安心して取り組める方法で取り組むこと。

 

この考え方をしっかりと押さえておけば、好きなこととお金稼ぎの両立は難しくないでしょう。

 

卒男
卒男
演劇や公演という自己表現が得意な人はそれでお金を稼げたら最高ですね。

 

公務員の副業がもっと活性化していけば、神戸市や生駒市のように公益活動の1つとして、演劇や公演での副業が可能になる日がくるかもしれません・・・。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。