公務員 副業

公務員が副業するなら妻名義でせどりをやるべきたった1つの理由!

「お金を稼いでもっといい暮らしをしたい。」、「なんで公務員は副業してはいけないんだ。」

というやるせない気持ちになったことは、誰でも一度はありますよね、もっといい暮らしがしたい、いい車に乗りたい、好きなモノを食べたい、自由に生きたいという欲求は人として当たり前なわけで、それを実現するための方法を制限されているのだから、モヤモヤして当然ですよね。

 

とはいえ、同じ公務員の中でも副業に取り組んで、思う存分にお金を稼いでいる人がいるのも事実。

同じ公務員なのに、なぜ副業が出来る人と出来ない人がいるのでしょうか、今回はその疑問に対して、合法的な視点からあなたが副業に取り組む希望を見出せるように、妻名義の副業について徹底解剖していきます。

公務員が副業するなら妻名義でせどりをやるべきたった1つの理由!・妻名義は違法?!

まずはじめに、公務員が副業するなら妻名義でせどりをやるべきたった1つの理由!として、妻名義が違法かどうかについて、お話していきます。

 

名義貸しは違法

結論からいうと、形だけの名義貸しは違法で、ぜかというと、所得税法で実質所得者課税の原則というものがあり、その事業に対する納税者は、名義人本人であることが義務付けられているから。

ですから、あなたが副業に取り組むにあたって、名義だけを妻から借りて、あとのすべてのことをあなたがやることは違法な行為となりますから絶対にやめましょう。

 

そして、この実質所得者課税の原則の本質として、あなたが妻名義で副業に取り組むにあたって、最も重要な部分を次のように理解してください。

 

妻=代表取締役=経営者≠労働者

 

つまり、会社でいうところの社長は、会社の方針などの大局的なことや重要なことの意思決定を行いますが、具体的な作業は一切やらずに労働者である社員にやってもらいますよね。

実質所得者課税の原則とはこういうことで、仮にあなたが副業のすべての作業を行っていたとしても、それが労働者としての位置づけであって、名義人の妻が経営者として決定した方針によって行われていれば問題ないということになるのです。

 

個人の自由

大阪府のホームページに公務員の家業について興味深い記事があるため抜粋します。

 

職員の家族が営利を目的とする私企業を営むことは、職員本人の服務上の問題ではないので、地公法の関知するところではない。旧官吏服務規律第11号は、官吏の家族も許可を受けないで商業を営むことはできないとされていたが、個人の尊重(憲法13条)を基本とする現在の社会制度の下においてはこのような制限をすることができないことは当然である。」(『地方公務員月報 平成元年12月号』自治省公務員課編17頁)

引用:大阪府HP

 

つまり、今でも公務員の中には家業の手伝いとして、身内名義の不動産経営や大規模農業をやっている人が多くいますが、そもそも勤務時間外であれば、その行動は個人の自由であって、公務員法で規制することではないということですね。

また、この家業の手伝いをわざわざ任命権者から承認を得ている人は少ないでしょうし、承認する側もその線引き自体の収集がつかなくなるため、規制しようがないことが実情でしょう。

 

扶養控除

補足ですが、妻名義で事業を行う場合、地方公務員の妻はパートをやらずに絶対にコレをやるべき!!の記事でもお話していますが、扶養控除が関係してくるため、130万円の基準額は事前に把握しておきましょう。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

公務員が副業するなら妻名義でせどりをやるべきたった1つの理由!・せどりの魅力

続いて、公務員が副業するなら妻名義でせどりをやるべきたった1つの理由!として、せどりの魅力についてお話していきます。

 

まず、せどりという言葉の意味は、以前は、古本屋から転売目的で本を購入することを指していましたが、現在では物販である転売と同じ意味として使われていることが一般的です。

つまり、せどりとは、転売ビジネスのこと

 

そして、この転売ビジネスの魅力は、再現性と即金性が高いことから、ネットビジネスの初心者でも圧倒的に結果を出しやすいことですね

公務員の副業で儲かる方法はブログでアフィリエイトが最強!?の記事でもお話していますが、公務員に人気がある副業でアフィリエイトがありますが、パソコン1台から始められる手軽さからサラリーマンやOLも含め人気がありますが、その反面、ほとんどの人が満足のいく結果を出せずに諦めてしまっているのが現実です。

 

しかし、転売ビジネスであれば安く買って高く売るというシンプルな方法であることや、一定の期間継続すれば仕組み化できることから、ネットビジネス初心者の人でも結果を出しやすく、結果が出ていることを利益としてすぐに実感できるのも大きな魅力。

 

この転売ビジネスについては、参考記事でさらに詳しくお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!第1話

参考:公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!第2話

まとめ

名義貸しが違法であること、実質所得者課税の原則を味方につけることなどの大切なポイントは分かりましたか?

この方法であれば、公務員のあなたが副業をやっていることにはなりませんし、あくまで妻の事業をサポートしているということになりますから、安心して取り組むことができます。

 

そして、色々な種類があるネットビジネスの中から、何を選ぶかも重要なポイント。

 

卒男
卒男
転売ビジネス(せどり)であれば、ネットビジネス初心者でも1、2ヶ月で10万円以上を稼ぐことができますが、アフィリエイトなら早くても半年は必要でしょう。そのスピード感こそ副業を成功させる秘訣の1つですね。

 

あなたが最も結果を出せる方法を考えて、副業でしっかりとお金を稼ぎましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。