公務員 副業

公務員が広告収入を得る!副業アフィリエイトをやるための1つの解決策!

副業を法律で制限されている公務員が副業のアフィリエイトで広告収入を得ることはできるのでしょうか。

結論からいってしまうと、公務員が広告収入を得ることはできない。

なぜなら、営利目的の行為を法律で制限されているから。

 

とはいうものの、ネットのあらゆる情報ではアフィリエイトやGoogleアドセンスを公務員がやっていいのか、ということについては賛否両論で、グレーな副業という解釈が一般的。

 

卒男
卒男
グレーな副業とはいっても、アフィリエイトやGoogleアドセンスは非常二人気がある副業ですから、リスクを限りなくゼロに近い状態にできるのなら取り組んでお金を稼いでみたいですよね。

 

ということで今回は、ブログビジネスのアフィリエイトやGoogleアドセンスに取り組んで広告収入を得る方法について、他のブログを一切見る必要がないほど分かりやすくお話していきます。

公務員が広告収入を得る!副業アフィリエイトをやるための1つの解決策!

公務員が広告収入を得る副業アフィリエイトをやるための解決策について、お話していきます。

 

まず前提として、公務員がアフィリエイトやGoogleアドセンスに取り組むことは、法律に触れる可能性が高いためやめるべき。

そもそもグレーな副業といわれている理由は2つあって、

 

  • 完全在宅のネットビジネスのため、ばれるリスクがほぼゼロ。
  • 営利目的の行為や報酬を得る事業にあたるかがグレー。

 

というもの。しかし、先ほどもお話したようにグレーということは、仮におおやけになった場合、ネガティブな方へ捉えられる可能性が非常に高いため、懲戒処分になるリスクは限りなくゼロにしておけば、安心して副業に取り組んでお金を稼ぐことができますよね。

それでは、安心して取り組むための具体的な内容についてお話していきます。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

家族経営方式

家族経営方式とは、あなたが取り組みたいと考えている副業を身内の人にやってもらい、それをあなたが無報酬でサポートするという方法。

しかし、この方法で最も注意しなければいけないことは、実体のない表面上の名義貸しは名義を借りた人、あなたの脱税になということ。

 

つまり、あなたが妻の名義を借りて副業に取り組み、すべてのことを1人で行って利益が出て、その確定申告を妻が行うとあなたは脱税していることになるというわけです。

これには、所得税法の実質所得者課税の原則というものが深く関係していて、事業の名義人はその事業の経営者でなければいけないというもので、あなたが副業の作業をすべて1人で行っていたとしても、事業の名義人からの方針や指示に基づいて行っていれば、それは問題ないというわけ。

 

例えば、アフィリエイトはパソコン1台で取り組めるため、非常に簡単というイメージを持っている人がとても多いわけですが、実際は次のように取り組む工程が多く難易度が高いビジネスモデル。

 

  • コンセプト選定
  • アフィリエイト商品の選定
  • レンタルサーバー契約
  • 独自ドメインの設定
  • WordPress立ち上げ
  • テーマ導入
  • プラグイン設定
  • Googleアナリティクス導入
  • Googleサーチコンソール導入
  • キーワード選定
  • 記事の執筆
  • SEO対策

 

ですから、この作業をすべて名義人が1人で行うのはとても大変ですから、あなたが名義人からの指示に基づいて無報酬でサポートすればスムーズにブログを運営することができます。

特に記事の執筆に関しては、3ヶ月で最低100記事がアクセスを集めるための1つの目安、基準となっているため、ブログを立ち上げてから初期の頃はとにかく記事を書く必要があるわけですが、家族経営方式によってこの時期をスムーズに乗り越えることができれば、その後の収益までの道のりが非常に楽になるでしょう。

 

そして、もうひとつ大切なことは、身内の事業の手伝いを無報酬で行うということ。

これが報酬をもらって手伝うということになると国家公務員法第103条、地方公務員法第38条で規定する営利目的の行為、報酬をもらって事業に取り組むことに該当してしまうため任命権者の許可が必要になりますが、無報酬であればあくまで身内の事業の手伝いのため問題ありません。

 

この家族経営方式についてもっと詳しく理解しておきたいという方は、参考記事に目を通しておきましょう。

参考:公務員の兼業!無報酬で自営業を手伝う家族経営方式は副業にならない最強の方法!

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

アフィリエイトで稼ぐとはいっても、ただやみくもに日記のようなブログを書いていればお金を稼げるわけではなく、最初の準備段階で次のようなポイントをしっかりと押さえて取り組むことが重要。

 

  • どのジャンルを攻略し商品を売るのかを決める。
  • WordPressでブログを作る。
  • WordPressのセッティングを整える。
  • キーワードを選定しブログを書く。
  • ブログにアクセスが集まってきたら商品を販売する。

 

無料ブログで日記形式のブログを書いているだけでは絶対にアクセスを集めることはできませんから、絶対にこの内容を押さえてブログを作りましょう。

アフィリエイトやGoogleアドセンスでは稼げない、と言っているほぼすべての人は実際にブログビジネスで稼いだことがない人たちですから、そんな信用のない声に耳を貸してはいけません。

 

また、無料ブログで芸能人でもないどこの誰が書いているかも分からないブログにアクセスが集まる理由は皆無ですから、Googleが推奨しているようにWordPressでブログを立ち上げることが大前提のスタートラインということを理解するように。

 

そして、ブログビジネス唯一のデメリットは、ブログが収益をあげるようになるまでに時間がかかること・・・。

Googleがブログを評価するまでに最低でも3ヶ月は必要といわれているため、毎日1記事をコツコツ書き続けることが絶対に必要で、アフィリエイトやGoogleアドセンスに取り組むのであれば、最初はまったくお金が稼げないことを覚悟する必要があります。

 

この多くの人がブログビジネスで稼ぐことを諦めてしまう最初の期間さえ乗り越えることができれば、その時点で月収10万円、30万年、50万円といった不労所得は目の前にあるのも当然。

 

卒男
卒男
私自身はアフィリエイトから始めたわけではなく、最初に転売ビジネスに取り組み収益をあげていました。とにかく早く稼ぎたいのであれば、間違いなく転売ビジネスがオススメですが、ブログビジネスの不労所得の魅力は非常に大きいですから、真剣に取り組む覚悟があるのなら最初からアフィリエイトに取り組んでも何も問題ありません。

 

参考:公務員がアフィリエイトを副業にして不労所得を手に入れた方法!

法令との関係

公務員の副業は法律で制限されていて代表的な条文などは次のものですが、もっと詳しく知りたいという方は参考記事も合わせて読んでおきましょう。

 

  • 国家公務員法第103条
  • 地方公務員法第38条
  • 副業禁止の3原則
  • 業務違反防止ハンドブック

 

この中でも、特に副業禁止の3原則といわれる信用失墜行為の禁止、守秘義務、職務専念の義務は、任命権者の裁量によって判断される部分であるため、アフィリエイトやGoogleアドセンスにあなたが取り組んでいることがばれた場合、懲戒処分になる可能性は非常に高い。

ですから、さきほどもお話したように、家族経営方式であなたの副業にはならない合法な方法で取り組み、勤務時間中に副業に取り組むようなことさえなければ、何も問題なく世帯収入を増やすことができます。

 

参考:公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!許可・範囲・例外をマスター!

まとめ

ブログビジネスであるアフィリエイトやGoogleアドセンスはグレーな副業のため、取り組むのであればリスクを徹底的にコントロールするべき。

アフィリエイトやGoogleアドセンスの魅力は不労所得を実現できることで、アクセスを集めるブログを作ることができれば、その後はほぼ自動的にお金を稼ぎ続けてくれる。

 

家族経営方式でネット副業に取り組み、人生をもっと豊かにしていきましょう。

 

卒男
卒男
また、私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。