公務員 副業

公務員の競馬・パチンコなどのギャンブルは副業になる?ばれない?

公務員でも趣味としている人が多い競馬やパチンコなどのギャンブルは副業になるのでしょうか。

まず結論からいってしまうと、ギャンブルは副業に該当する。

 

というのも、ギャンブルの収益が一時所得に該当し50万円を超える場合は確定申告が必要で、一般的なギャンブルの場合は雑所得になるため、20万円を超えると確定申告が必要になり、やはり、確定申告が必要ということは副業と捉えることができる。

 

卒男
卒男
お金が動くことによって確定申告に該当する場合には、副業となる可能性が高いと解釈していいでしょう。

 

ということで、今回は公務員のギャンブルは副業になるということを中心にお話していきます。

公務員の競馬・パチンコなどのギャンブルは副業になる?ばれない?

公務員の競馬・パチンコなどのギャンブルは副業になるということについてお話していきます。

 

まず、ギャンブルと所得の関係については、次の3つに分けることができる。

 

  • 事業所得
  • 一時所得
  • 雑所得

 

そして、国税庁の通達によると、継続的に得られる収益ではなく一時的に得られるものを一時所得とし、競馬の払戻し金などは一時所得に該当するとしていますが、一時所得には50万円の特別控除があるため、50万円を超えなければ課税対象とはならないということも押さえておきましょう。

 

では、それぞれについて詳しくお話していきます。

事業所得

ほとんどの人は当てはまりませんが、公営ギャンブルや民営ギャンブルで生計を立てている場合は、事業所得となります。

事業所得の場合は、青色申告が可能で最大65万円の控除を受けることができ、さらにギャンブルが本業である人は損益通算として、給与所得と合算した所得から損失分を差し引くこともでき、損失が出たときの所得税を抑えることも可能。

一時所得

一般的には、ギャンブル収入の多くは一時所得に該当し、営利目的でないことや継続的に収益を得ていないことが条件となる。

また、一時所得も他の所得と同じように必要な経費を差し引きして求めますが、他の所得と違う点は、50万円の特別控除額があるということで、つまり、50万円を超えなければ非課税というわけ。

 

そして、一時所得の求め方は、<収入額 ー 経費 ー 50万円>ですが、この一時所得における経費とは、その一時的な収入を得るために支出した金額のため、競馬の場合、当たり馬券の購入金額のみが経費として計上できるということが注意点。

雑所得

雑所得とは、これまでの事業所得、一時所得に該当しないもので、安定して収益をあげているとしても、あくまで趣味の範囲であれば雑所得になります。

雑所得の求め方は、<収入額 ー 経費>で算出しますが、事業所得や一時所得のような控除や損益通算はありません。

ただ、現実問題として、一人ひとりのギャンブルの収益を税務署が把握できるわけもなく、そこまで大きな収益をあげている人も限られているわけで、ギャンブル系での確定申告漏れなどのニュースを目にしないということは、不動産投資や株式投資などの例に漏れず、ギャンブルで確定申告が必要になるほどの収益をあげている人は、ほとんどいないということでしょう。

 

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

副業がばれる原因

ギャンブルで大きく儲けた場合に、まわりから不要な噂がたたないように次の点に気をつけましょう。

 

  • 自分から不用意に人に話さない。
  • パチンコ店、競馬場に頻繁に出入りしていることを人に見られないようにする。
  • 見られたときは軽快にかわす言葉を用意しておく。

 

この3つの中でも、大きく儲けたときには誰かに話したくなる自分の気持ちのコントロールに注意すること。

所得の区分

ここまで事業所得、一時所得、雑所得という区分をお話してきましたが、所得税の区分を合わせて確認しておきましょう。

 

所得区分 内 容
利 子 公社債、預貯金の利子、信託などの収益分配から生じる所得
配 当 株式配当、投資信託の収益の分配、出資の剰余金の分配から生じる所得
不動産 不動産、土地の上に存する権利、船舶、航空機の貸付などから生じる所得
事 業 商業・工業・農業・漁業・自由業などの事業から生じる所得
給 与 給料・賞与などの所得
退 職 退職によって生じる所得
山 林 5年を超えて所有していた山林などを売って生じる所得
譲 渡 事業用の固定資産、家庭用資産を売って生じる所得
一 時 クイズの賞金、満期保証金などの所得
公的年金等、原稿料、印税、公演料など他の9種類に属さない所得

 

参考:お金持ちになりたい公務員が副業を選ぶなら1つしかない圧倒的な方法!

まとめ

公務員のギャンブルも20万円以上を稼ぐと副業に該当する。

税の区分や確定申告の手続きのこともしっかりと頭に入れておき、大きく稼いだときは漏れなく申告をしましょう。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。