公務員 副業

公務員の副業で日払いバイト・日雇いバイトは100%ばれる!!

公務員が副業で日払いバイトや日雇いバイトをしようと考えている、または、すでにやっているという人は今すぐにでもやめるべき。

なぜなら、今まで懲戒処分になった事例をみても、ほぼすべてが日払いバイト、日雇いバイトだから。

 

日払いバイト、日雇いバイトがおおやけになる共通点は第三者との接触があることで、自分は気をつけているつもりでも、誰がどこで見ているかも分からないし、人から見られるということ自体、自分でリスクコントロールできないため対処のしようがない。

 

卒男
卒男
公務員の副業の方法で、日払いバイト・日雇いバイトはリスク管理も全くできていないし、稼げる金額もたかが知れているため絶対にやめるべき。

 

今回は、公務員が副業で日払いバイトや日雇いバイトをした場合、絶対にばれるということや、リスクを排除してお金を稼げる方法についてお話していきます。

公務員の副業で日払いバイト・日雇いバイトは100%ばれるから絶対にやめるべき!

公務員の副業で日払いバイト・日雇いバイトはなぜばれるのかという点を中心にお話していきます。

 

公務員の副業と法律

まずはじめに、公務員の副業に関わる代表的な条文を押さえておきましょう。

 

  • 国家公務員法第103条
  • 国家公務員法第104条
  • 地方公務員法第38条
  • 人事院規則14-8
  • 副業禁止の3原則(国家公務員法第99条、第100条、第101条)

 

日払いバイト・日雇いバイトが気になるという人は、公務員が日雇いバイトで給料手渡しはばれる?処分?ジャンル選定とその結末!の記事を合わせて読んでください。

 

日払いバイト・日雇いバイトと住民税

日払いバイト・日雇いバイトでは、給料を源泉徴収が引かれていない状態で受け取れば、ばれないで済むと考えているかもしれませんが、マイナンバー制度が始まったことによって雇用する側もグレーなことを避ける傾向があり、一昔前のように1日分の日当だけ受け取れる好都合なバイトという雰囲気はなくなってきているのが現状。

もともと源泉徴収税は、給料を受け取る側が納めるべき所得税を、雇用する側であらかじめ支払う給料から所得税分を引いて税務署に支払うわけで、雇用する側からすれば出ていくお金の金額は変わらないのですから、わざわざ税務署から調査、指導されるようなことはしたくないでしょう。

 

現金払いでその日のバイト代を受け取ったとしても、雇用側の給与管理表には、あなたの名前と支払った金額を記載しているかもしれませんし、その内容が税務署に届けば間違いなくあなたの働いた事実が住民税の増額というカタチでおおやけになります。

ですから、日当で気軽に給料を受け取れるというあなたの思惑とは裏腹に、雇用する側では税務署対策として源泉徴収税を差し引きした金額で処理をしている可能性もあり、勤務先には日払いバイト・日雇いバイト分の収入が含まれた住民税の金額が届いているかもしれません・・・。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

ばれた時の処分

今までの懲戒処分の傾向からすると日払いバイト・日雇いバイトがおおやけになり処分された場合、最低でも減給、通常で停職です。

 

今までの事例を確認しておきましょう。

副業の内容 処分内容
偽警察手帳販売 懲戒免職
偽ブランド品販売 懲戒免職
野菜販売 懲戒免職
大規模農業 停職6ヶ月
水田耕作 停職6ヶ月
飲食店送迎 停職6ヶ月
キャバクラ 停職6ヶ月
不動産投資 停職6ヶ月
AV出演 停職6ヶ月
声優 停職4ヶ月
パチンコ店 停職3ヶ月
ピザ宅配 停職3ヶ月
飲食店 停職80日
ビル清掃 減給
不動産投資 減給
ヤミ民泊 減給

 

卒男
卒男
わずか数万円のために懲戒処分になり減給や停職になるくらいなら、日払い・日雇いバイトなど絶対にやめるべき。

ローリスク・ハイリターンな副業

日払いバイト・日雇いバイトがハイリスク・ローリターンな方法であることが分かったところで、ローリスク・ハイリターンな副業についてお話します。

 

まず結論から言ってしまうと、ローリスク・ハイリターンな副業とは、

ネットビジネス。(インターネットビジネス)

 

ローリスクな理由は、次の3つ。

 

  • パソコン1台で始められるため初期投資が少ない。
  • 赤字になるリスクがほぼゼロ。
  • 完全在宅ワークのためばれるリスクがほぼゼロ。

 

さらに、ハイリターンの理由は、インターネット上のすべてのユーザーに対して事業を展開できるため、青天井に稼げるということ。

 

卒男
卒男
ネットビジネスほどローリスク・ハイリターンで稼げるビジネスモデルは現代にありません。真剣に取り組めば月収50万円でも100万円でも可能なのが大きな魅力。

 

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

まとめ

公務員の副業で日払いバイト・日雇いバイトはハイリスク・ローリターンな方法のため、絶対にやめるべき。

また、マイナンバー制度によって、今まではグレーな方法で現金払いをしていた雇用側も正規な手続きで給料を支払う傾向がある。

 

卒男
卒男
どうせお金を稼ぐのなら、リスクを徹底的に排除して合法的に安心して稼げる方法で取り組みましょう。

 

ネットビジネスならローリスク・ハイリターンで圧倒的にお金を稼ぐことが可能。

あとはやるか、やらないか、決めるのはあなた次第・・・。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。