公務員 副業

公務員の副業で夜のバイトはばれないわけがない!

公務員が副業で夜のバイトをして懲戒処分になるというニュースも、最近では目にしなくなってきました。

そうですよね、いくら顔バレを避けたいからといって、バイトをする時間帯を夜にすればいいというほど単純なものではありませんし、誰かと接触する以上は必ずそこにばれる危険性があるわけで、昼夜関係なく外で働くバイト系がばれる可能性は100%に近いと考えていいでしょう。

 

卒男
卒男
バイトに取り組むという考えは本当に安易で軽率。日当にして10,000円程度のお金を稼ぐために本業をリスクに晒すなど言語道断。

 

今回の記事の結論としては、バイトは絶対にやらないこと。になるわけですが、改めてそこに潜むリスクやバイトをするメリット、デメリットを取り上げてお話し、バイトに手を染める価値がどれほど低いかということを確認しておきましょう。

ということで、今回は公務員が夜のバイトがばれる理由などを中心にお話していきます。

公務員の副業で夜のバイトはばれないわけがない!バイトは言語道断

公務員の副業で夜のバイトはばれないわけがない!のはじめに、公務員がバイトに取り組むメリットがいかに少なく、デメリットが多いかということをお話していきます。

マイナンバー制度

今まで夜バイトで懲戒処分になった事例をみてみると、風俗店、ビル清掃、パチンコ店清掃で働いていた事例がありますが、これは氷山の一角で実際は、もっと色々な仕事で夜のバイトをしている人がいるでしょう。

 

しかし、マイナンバー制度の導入で、雇用する側も手渡しの日当などで不透明なお金の渡し方によって税務署からの調査が入ることを避けるために、よほどブラックなことをしている会社でない限りは、しっかりと源泉徴収した給料を支払うようになっている傾向があります。

ということは、あなたは単純に日当だけを現金で受け取っている認識かもしれませんが、雇用する側が源泉徴収して給料を支払っていた場合、税務署にはその内容で給与の支払い報告書が行き、最終的にはあなたの勤務先の給与担当部門がいつもより増額となった住民税の金額をみて副業に気付く結果になるというわけ。

夜のバイトのメリット・デメリット

次に、夜のバイトをすることのメリットとデメリットについてお話していきます。

 

冒頭からハッキリ言わせてもらうと、昼夜に関わらず公務員がバイトをするメリットなどどこにも存在しない。

たかだか月額数万円のお金のために、本業をやめさせられるかもしれないリスクをとるという行動自体があまりにも軽率で、目先のお金のことしか考えられていない短絡的な考え。

 

もし、あなたの周りでバイトをしていそうな公務員がいたら、絶対にやめさせましょう。

 

次にデメリットについては、今もお話したばかりですが、一番は本業を失う可能性があるということ。

社会的にも非常に安定した公務員という仕事は、他の仕事では得らない生活への安心をもたらしているわけで、それを自ら捨てるような行為は賢明とは言いがたい。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

ばれる原因

それでは、公務員の夜のバイトがばれる原因についてお話していきます。

公務員のバイトや副業がばれる原因は主に2つある。

 

  • 第三者による通報
  • 確定申告漏れ

 

確定申告漏れに関しては、そもそも源泉徴収をせずに手渡しで日当を受け取っているわけですから、その形で年額20万円以上を稼いでいるとしたら、懲戒処分と合わせて脱税として処罰されるでしょう。

 

また、第三者による通報については、外の世界で働いている以上、絶対に自分ではコントロールできないことで、第三者と接触するバイトをしている場合は、いつか必ずばれるという覚悟を持ってバイトをするべき。

そして、そのリスクを受け入れられないのであれば、今すぐにバイトをやめること。

根拠法令

それでは、公務員の副業に関係する法令をみていきましょう。

公務員の副業に関係する条文などは次の表のとおりですが、もっと詳しく確認したいという方は、参考記事を合わせて読んでください。

 

国家公務員法 地方公務員法
営利目的の制限など 第103条 第38条
任命権者の許可 第104条 自治体の条例や規則
信用失墜行為の禁止 第99条 第33条
守秘義務 第100条 第34条
職務専念の義務 第101条 第35条
懲戒処分 第82条 第29条

 

参考:公務員の副業に関係する法律はこれで完璧!許可・範囲・例外をマスター!

合法的で安心して稼ぐ方法

本業を失うリスクを背負ってまでバイトをするくらいなら、完全在宅で取り組めるネットビジネス(インターネットビジネス)に取り組んだ方が賢明。

 

パソコン1台で取り組むことができ、初期投資がほとんどなく赤字になるリスクもない。

さらに完全在宅で取り組めるため、おおやけになるリスクもほぼゼロ。

そして、真剣に取り組めばその結果がお金として自分に直接かえってくる。

 

また、取り組む方法によっては、あなた自身は副業に取り組んでいないというかたちで世帯収入を増やすことができる。

詳しい内容に興味がある方は、参考記事を読んでみてください。

 

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

まとめ

公務員が夜のバイトをするメリットは一切ない。

そして、継続して安定した収益を安心できる方法で稼ぎたいのなら、ネットビジネスに代わる方法は存在しない。

 

目先の小銭ではなく、長期的な視点でお金を稼ぎましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。