公務員 副業

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングは公務員の副業になるのか?

インターネット上で不特定多数の人から資金を集めるクラウドファンディングが注目を集めています。

クラウドファンディングという言葉自体は新しいですが、不特定多数の人からお金を集めるという方法は昔からあったとされていて、アメリカの自由の女神の建設もクラウドファンディングンの仕組みを活用して資金を集めたことは有名な話。

 

そして、現在ではインターネットユーザーのすべてにクラウドファンディングを使って資金を集める資格があり、専門サイトなどでは色々な案件、プレゼンテーションをみることができます。

では、公務員がクラウドファンディングで資金を集めてもいいのでしょうか、一言でクラウドファンディングといっても色々なタイプがあることから、その目的と内容によっては有効に活用したいところ。

 

卒男
卒男
今、クラウドファンディングを使ったプロジェクトに世界中が注目しています。

 

ということで今回は、公務員がクラウドファンディングやソーシャルレンディングを活用してもいいのか、ということについてお話していきます。

クラウドファンディング・ソーシャルンレディングは公務員の副業になるのか?

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングは公務員の副業になるのかということについてお話していきます。

 

まず結論からいってしまうと、購入型クラウドファンディングは、営利目的であれば活用できないが、公共的なプロジェクトなどであれば活用できる可能性がある。

そして、ソーシャルレンディングなどの個人資産を運用するプロジェクトは副業にはならない。

 

つまり、公務員の副業は国家公務員法第103条、地方公務員法第38条で営利目的の行為を制限されているため、資金を集める目的が営利目的であれば副業となるためできないということ。

クラウドファンディングの種類

それでは、はじめにクラウドファンディングの種類についてお話していきます。

クラウンドファンディングには、大きく分けて次の4つの種類があり、内容についてもみてみましょう。

 

種 類 内 容
寄付型 集めた資金を全額寄付にして出資者へのリターンはなし。
投資型 出資者がプロジェクトの利益から配当という形でリターンを受け取る。
融資型 出資者が利子という形でリターンを受け取る。
購入型 出資者はモノやサービス、権利という形でリターンを受け取る。

 

※ソーシャルレンディングは、この4つの中で融資型に該当。

寄付型

現実世界の募金をインターネット上で行うイメージ。

一方的に資金を集めるタイプのため、寄付型クラウドファンディングサイトの事務局も厳しく審査しており、応募したプロジェクトが必ず通過するわけではない。

投資型

未上場の株を購入し、その株を売買することで利益を得る仕組み。

未上場の中小企業やベンチャー企業が上場すれば株式が値上がりし、大きな利益を得られる可能性がありますが、値上がりしないかもしれないというデメリットも。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

 

融資型

インターネット上で集めた資金を借入したい企業などに事務局が融資を行い、その元本と金利をリターンとして受け取る仕組みで、定期預金や国債の利回り、株や為替に期待できないという人達から、新しい金融商品としても世界的に注目が集まっています。

現在、国内では20社以上のソーシャルレンディング事業者サイトがあり、それぞれのプロジェクトのメリット・デメリットを把握して出資する必要がある。

 

購入型

参入障壁も低く、国内だけでも100以上の購入型クラウドファンディングのサイトがあり、お笑い芸人キングコングの西野亮廣氏がこの購入型クラウドファンディングで5,600万円を集めたことでも有名。

 

購入型クラウドファンディングには、All-In方式とAll or Nothing方式の2つがあり、All-In方式では、資金募集期間内に目標金額に到達しなくても、それまでに集まった金額を受け取ることができる。

それに対し、All or Nothing方式は、資金募集期間内に目標金額に到達しなかった場合は、それまでに集まった金額を受け取ることができない。

 

サイトに掲載するためには、事務局担当者との調整や審査があり、まだプロジェクトの内容が固まっていないような段階で審査に通ることは難しい。

出資者へのリターンはモノやサービスなどがあり、色々なクラウドファンディングの中でも参加型の要素が強い。

 

これまでの話をまとめると、寄付型、投資型、融資型のクラウドファンディングは個人の資産を運用するもので副業にはならないが、購入型の場合には次のような注意が必要。

 

  • 自分で購入型のプロジェクトを立ち上げるのは営利目的になる可能性が高い。
  • 他人の購入型プロジェクトに参加するのは、個人的な活動のため副業にはならない。

 

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

まとめ

インターネットによって様々なお金の使い方が登場し、それによってモノやサービスの世界もこれまででは考えられないような広がりを見せ、クラウドファンディングの登場によって一般の人にも大きな資金を集めるチャンスが生まれました。

クラウドファンディングのような仕組みをみると、改めてインターネットを使ってお金を稼ぐネットビジネスの可能性の大きさ、合理性を感じずにはいられませんね。

 

卒男
卒男
クラウドファンディングには色々なプロジェクトがあり、そのプロジェクトの数だけ多くの可能性を秘めているため、世界中が注目している新たなお金を動かす仕組み。

 

株式投資、投資信託などに飽きたという人は投資型クラウドファンディングに挑戦してみてはどうでしょうか。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。