公務員 副業

地方公務員は金持ちなのか?裕福?資産家?副業やったらどうなるのか?

地方公務員は金持ちでもないし、裕福でもない、資産家でもない。

 

それでも、公務員は安定していいよね、いい給料もらってるんでしょ、と民間企業の人に会うとよく言われませんか?

 

卒男
卒男
公務員は安定しているというイメージが強いため、お金をバリバリ稼いでいるように思われがちですが、実際はいくら頑張っても給料に反映されない横並び主義。

 

そうはいっても、民間の平均年収と比べた場合、どういう位置にいるのかを知っておきたいですよね。

 

今回は、公務員の給料の位置づけ、副業の可能性、副業で得られるものについて、分かりやすくお話していきます。

地方公務員は金持ちなのか?裕福?資産家?副業やったらどうなるのか?・地方公務員は金持ちなのか?

地方公務員は金持ちなのか?裕福?資産家?副業やったらどうなるのか?のはじめに、まずは、地方公務員が金持ちなのかお話していきます。

 

国が行った平成29年地方公務員給与実態調査結果等の概要によると、地方公務員、国家公務員の給料は次のようになっています。

 

  • 地方公務員:平均年齢 42.0歳 平均給料月額 330,706円
  • 国家公務員:平均年齢 43.2歳 平均俸給月額 339,980円

 

ここにボーナス分を加算しましょう。

平均として年4ヶ月とします。

 

  • 地方公務員 330,706円 × 4ヶ月分 = 1,322,824円
  • 国家公務員 339,980円 × 4ヶ月分 = 1,359,920円

 

それでは、年収を出してみましょう。

 

  • 地方公務員 330,706円 × 12ヶ月分 + 1,322,824円 = 5,291,296円
  • 国家公務員 339,980円 × 12ヶ月分 + 1,359,920円 = 5,439,680円

 

公務員の平均年収はこうなりました。

 

  • 地方公務員:平均年齢 42.0歳 平均年収 5,291,296円
  • 国家公務員:平均年齢 43.2歳 平均年収 5,439,680円
  • 公 務 員:平均年齢 42.6歳 平均年収 5,365,488円

 

地方公務員と国家公務員の給料にあまり差がないことが分かります。

地方公務員だからといって金持ちというわけではありませんね。

 

では、次に民間の平均年収をみていきます。

国税庁が毎年行っている民間給与実態統計調査結果によると、全体での平均給与は次の内容でした。

 

  • 男性 平均年齢 45.9歳 平均年収 5,211,000円
  • 女性 平均年齢 46.1歳 平均年収 2,797,000円
  • 合計 平均年齢 46.0歳 平均年収 4,216,000円

 

○男性のみでの比較

公務員 - 民間

5,291,296円 - 5,211,000円 = 80,296円

 

○全体での比較

公務員 - 民間

5,365,488円 - 4,216,000円 = 1,149,488円

 

結果として、男性同士ではほとんど差がないが、民間の女性も含めた合計で現すと大きな差があることが分かりました。

ただ、公務員の給料は、民間の景気動向を加味して決めていることから、あながち妥当な数字が出ましたね。

 

ただ、本題である公務員は金持ちか?ということに関しては、民間の平均年収とほぼ同じ金額であったことから、公務員は金持ちではない。

ということがハッキリと分かったのではないでしょうか。

 

【最短】公務員が副業を成功させるたった1つの方法

地方公務員は金持ちになれるのか?

次に、地方公務員が金持ちになれるのか?みていきましょう。

 

まず結論として、横並び主義の公務員が金持ちになれるのか?の問いに対する答えは、副業をやれば可能ということ。

 

目先の超過勤務で差をつけるという話ではなく、手元にあるお金のベースを上げるには副業しかありません。

 

カードのキャッシュバックやポイントサイトなど色々なお小遣い稼ぎは可能ですが、そんな小さいお金ではなく、しっかりとした副収入のルートを確保することが重要。

それにはもう、副業するしか道はありません。

 

参考:公務員が不労所得を実現するなら副業ブログのアフィリエイト一択!

地方公務員が副業やったらどうなるのか?

最後に、地方公務員が副業をやれば金持ちになれるのでしょうか?

 

絶対に金持ちになれます。

 

もう間違いありません。

 

副業の方法は、不動産投資や資産運用、太陽光発電などがありますが、どれをやるにしても副業をやれば今よりも、多かれ少なかれ金持ちになれるでしょう。

 

卒男
卒男
オススメできない方法ですが、私は現役時代、ネットビジネスで転売を行っていました。安定して毎月30万円以上稼いでいたので、平均月収約65万円という計算になりますね。

 

先ほどの公務員の平均年収5,300,000円に副業での毎月30万円をプラスすると、8,900,000円。

 

この金額を民間リサーチサイトの職種別年収ランキングに当てはめると、トップ5入りの高収入であることが分かります。

副業はすべて妻の名義でやっていましたので、これに妻の年収を加えると14,000,000円近い世帯年収を公務員時代に稼いでいました。

 

公務員の副業を成功させる条件として、勤務時間外にやる上で副業の負担を減らすために次の条件を整える必要があります。

 

  • 不労所得化
  • 権利収入

 

王道の副業では不動産投資がこれにあたりますが、素人が手を出すにはあまりにもリスクが高過ぎます。

しかし、私が行っていたネットビジネスであれば、色々な方法から副業を選択できるため、リスクを限りなく少なくして取り組むことができます。

 

この公務員が副業で稼ぐ方法として、ネットビジネスのメリットなどを不動産投資と比べながら、お金持ちになりたい公務員が副業を選ぶなら1つしかない圧倒的な方法!の記事で詳しくお話していますので、しっかりと確認しておきましょう。

参考:公務員の副業ランキング! 許可・例外・ばれない方法で最も稼げるのはコレだ!

まとめ

地方公務員が金持ちなのか、民間と比べる中での位置づけが分かりました。

 

そして、金持ちになるためには副業をする必要があるということも。

 

副業をやるのは自己責任ですし、やって結果を出せるかも自分次第。

でも、やればやった分だけお金を稼ぐという形で、結果がしっかりと現れるのが副業であり、ネットビジネス。

 

お金持ちになりたい!と少しでもあなたが思うのなら、やってみる価値は十分にあります。

卒男
卒男
私が公務員時代に1,000万円以上の借金を3年で完済し、その後、独立できるほどのお金を稼いだ方法を参考記事でお話していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

参考:【まとめ】公務員時代に副業でお金を稼いだ方法をすべてお話します!!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


公務員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。